九州ADCアワードBEST100入賞!

DIARY / 2018.11.05

こんにちは。

知り合いにブログは最低でも1,000文字くらい書かかなきゃだよっと言われ

ブログが恐ろしくなってきました。。。

 

11/3九州のデザインのお祭り「九州ADCアワード」に行ってきました!

 

まずは、

「ん?九州ADCとは?」という方の為にご説明しましょう。

略さずに書くと、「九州アートディレクターズクラブ」となります。

以前はもっと略して「K-ADC」とも言っていました。

 

↓詳しくはこちらをご覧ください^^

About 九州ADC

 

そうです。九州中のクリエイター(猛者ども)が

腕を競い合う、『広告の異種格闘技戦』がこの九州ADCアワードなのです!

 

私たちも九州ADCの会員ですので

もちろん挑戦!

ここ3年間の自信作、11点のお仕事をエントリーです。

 

そしてアワード前日から出品作品を搬入。

ぐぅ、、、

すでにヤバイくらいのハイレベルが並んでいる!!

 

皆さん、さすがです。

これでは、ウチの仕事が引き立ちませんよ〜。

汗だくになって目立つポジションを探しました。

いやぁ、角ってオセロじゃなくても人気なんですね。

 

 

はい、そんなこんなでアワードの公開審査のはじまりです。

UNIDからは広告の勉強も兼ねて、5名で参加しました。

 

 

 

すごいです!見渡す限りの人と展示作品の数々。

九州、沖縄、山口から応募総数643点の応募があったとかで

審査員の3名も驚きのようです。

 

審査員さんはいろんな業種からこのお3方。

■ 立川 裕大さん(伝統技術ディレクター・プランナー)

■ 金谷 勉(クリエイティブディレクター)

■ 行定 勲(映画監督)

 

僕も審査しましたが、全部見るだけで3〜4時間かかります。

(※個人差があります)

 

各方面からの自信作が選りすぐりで

見劣りするものがない。すごいな九州ADC。

 

クライアントとしっかり向き合ってつくってきた

熱量がぶわーっと会場の隅々まで広がっています。

広告マニアの僕としては、

一度に大量の広告やデザインに触れられるチャンス。

最高です!

 

これまでも7〜8年くらい九州ADC会員を続け

アワードにも毎回参加してきましたが

今回は3年ぶりのアワード開催とあってか、

その3年分の凝縮感があった気がします。

 

そして、グランプリは、福岡県の「STOP DV」。

 

 

この広告は僕も以前、福岡県内のコンビニのトイレで見かけました。

見た瞬間おしっこが止まったくらい素晴らしい広告。

アイデアが効いていて、デザイナーとして目指すべきはコレだよ!と、

慌ててスマホで撮影したときの写真。

(僕のトイレを想像させちゃったらごめんなさい)

 

納得のグランプリです。

感動しました。本当におめでとうございます!

 

我々の受賞はというと

九州BEST100に選出。なんとか爪痕残せたかぁ。

 

名水100選みたいなものですね。

これ貰うのも簡単じゃないんです。はい。

 

いやぁ、まだまだ頑張らないと!

もちろん賞の為ではなく、

お仕事を頼んでいただけるクライアントさんのためです。

 

このような賞は、デザインやキャッチコピーなど

広告をつくるときにたくさん頑張った

ご褒美みたいなものですので。副賞ですね。

 

一番大切なのは、広告やデザインがどう機能するか。

そうでないとわたし達にデザインを頼んでいただく意味ないですよね。

そのように考えています。

 

今回、九州BEST100に入れたお仕事は

熊本県天草市の最南端にある

牛深で保育園をされている『久玉保育園』様。(http://www.kutama-hoikuen.com/

パンフレットを制作させていただきました。

全面的に信頼していただいてデザインさせていただけた事で

このような結果に繋がったと思います。

 

久玉保育園様および関係者の皆さん、

本当にありがとうございました!

 

UNIDの制作実績ページはこちら↓

http://www.unid.design/cat_works/graphic/page/5/

 

やった!1,500文字くらい書けた(笑)

CATEGORIES

ARCHIVES